絵画買取、絵画査定、絵画販売、オークション出品代行などをしております。美術品をご売却のお客様も、ご購入のお客様もお気軽にお問い合わせください。 私たちは、大阪・淀屋橋にある画廊 ギャラリーリッチです。

絵画買取ギャラリーリッチ ギャラリーリッチギャラリーリッチ
HOME日本人作家>版画家

版画家・彫刻家


清宮質文の作品、略歴を紹介しております。
画廊、ギャラリーリッチ(大阪)では、清宮質文の版画・ガラス絵などの買取もしておりますので、
お気軽にお問い合わせください。


日本人作家外国人作家

清宮質文(1917〜1991)

作家略歴紹介:せいみやなおぶみ

1917年 6月26日、版画家・清宮彬、雪江の長男として東京府豊多摩群内藤新宿北裏町(現:東京都新宿区三光町)に生まれる。「質文」の名前は『論語』の「子曰、質勝文則野、文勝質則史、文質彬彬」(巻第三雍也第六)が出典。
1930年 3月、東京市四谷区立第五小学校卒業。4月、麻布中学校に入学する。
1935年 3月、麻布中学校を卒業。夏、同舟社絵画研究所に入所。ここで、駒井哲郎と出会う。4月、東京美術学校(現:東京芸術大学)入学(父は建築科に進むようにすすめ、建築科を受験するも不合格。第2志望の油画科に合格し、藤島武二教室に入り、4年からは田辺至教室で学ぶ。また、版画教室で銅版画を試みる。同級生の大谷元と岡田弘にすすめられてラグビー部に入る)。
1940年 この年、同舟舎時代の仲間とグループ「同楫」を結成。6月、「同楫」第1回同人展(銀座・紀伊国屋画廊)に油彩画2点を出品。
1942年 3月東京美術学校油画科を卒業。6月、長野県上田中学校の美術教師となる。秋、駒井哲郎が上田を訪れる。
1943年 3月、長野県上田中学校を退職(9/月まで上田に滞在)。
1944年 4月、東京三田の慶應義塾工業学校(後の中等部)の美術教師となる。6月、召集されて陸軍歩兵部隊に入隊。聖書を持ち歩き、愛読する。
1945年 5月、東京大空襲で実家が被災、これまで制作した作品や父の収集した版画資料が焼失する。10月、復員。農業をしてでも制作に打ち込むことを決意し、家族の疎開する福島県へ行くも、弟妹の進学のため、東京で宿舎提供のある教職に戻ることとし、慶應義塾工業学校に復職。
1949年 3月、慶應義塾中等部美術教師を辞し、商業デザインの制作に従事。
1951年 2月、東京銀座の商業デザイン会社に就職(翌年5月に退職)。秋、東京都新宿区番衆町に転居。
1953年 8月、東京美術学校の同級生とグループ「ゲフ(●)会」を結成。第1回展を日本橋・丸善で開催(以後、1962年の第10S回展まで出品を続ける)。グループ結成以後、画業に専念し、木版画の制作を開始。
1954年 4月、春陽会第31回展(東京都美術館)に《巫女》を初出品し、初入選(1974年の第51回展まで毎年出品を続ける)。岡鹿之助の激励を受ける。
1958年 11月、最初の個展「清宮質文作品展」(銀座・サヱグサ画廊)開催。《葦》《むかしのはなし》など、木版画・モノタイプ約30点出品。
1960年 10月、松井亮子と結婚、杉並区上高井戸(現:高井戸西)に新居を構える。
1960年 夏、美術編集者・太田三吉に推薦された南天子画廊・青木一夫の訪問を受け、開廊予定の南天子画廊での個展開催を承諾する(以後、南天子画廊での新作発表を続ける)。12月、「清宮質文木版画展」(東京・南天子画廊)開催。
1962年 10月、第3回東京国際版画ビエンナーレ(東京国立近代美術館)に招待出品。画商・新井栄太郎にガラス絵、モノタイプの制作を進められる。
1963年 4月、『春陽帖』の編集・発行人をつとめる。
1969年 10月、父・彬が逝去。
1970年 9月、「清宮質文展」(名古屋・フォルム画廊)が開催され、会場で清宮作品コレクターの伊藤文夫に初めて会う。
1972年 7月、オリジナル木版画集『暗い夕日』(南天子画廊)刊行。刊行を記念する「清宮質文展〈木版画集『暗い夕日』〉」(東京・南天子画廊)開催。9月、大阪・南天子画廊を巡回。「清宮質文・後藤愛彦硝子絵2人展」(福岡・ギャラリーふくだ)開催。
1973年 6月、「第10回ユーゴスラヴィア国際グラフィックアート・ビエンナーレ」(リュブアナ近代美術館)に、木版画集『暗い夕日』10点を出品。
1976年 11月、同舟舎時代からの友人、駒井哲郎が逝去(享年56歳)。
1977年 この年、春陽会を退会。以後、無所属で個展を中心に作品を発表。
1985年 この年、「小山田二郎・清宮質文・難波田史男水彩展」(京橋・ギャラリー椿)開催。2月、「現代版画の軌跡展」(福島県立美術館)に作品が出品される。12月、「1985 ・日本の版画」(栃木県立美術館)に作品が出品される。
1986年 4月、「現代版画の表現と技法」(練馬区立美術館)に作品が出品される。10月、『清宮質文作品集』(現代版画工房編・制作、南天子画廊発行)刊行。11月、刊行を記念する「清宮質文展〈作品集出版記念〉」(東京・南天子画廊)開催。
1988年 7月、「現代日本の版画・1950-1980」(神奈川県立近代美術館)に作品が出品される。
1989年 5月、母・雪江が逝去。
1990年 8月、「近代日本の木版画展〈伝統と近代の対話〉」(神奈川県立近代美術館)に作品が出品される。
1991年 5月11日、心筋梗塞のため西荻窪・山中病院で逝去。7月、「清宮質文追悼展」(東京・南天子画廊)が開催される。『版画芸術』第73号で追悼特集が組まれる。12月、「EAST AND WEST(1950-1960年代の版画〉」(京橋・ミウラ・アーツ)に作品が出品される。
1992年 12月、『日本現代版画清宮質文』(玲風書房)刊行。
1994年 10-12月、「駒井哲郎・清宮質文二人展」(練馬区立美術館)開催。
1998年 10月、矢部登『結城信一と清宮質文』(エディトリアルデザイン研究所)刊行。
2月、「清宮質文展」(小田急美術館)開催。
**copy** ページトップへ

ご利用案内
ほしいものが見つかった場合

まずは、コンディションや在庫の確認のために、お電話かメールをください。

TEL 06-6227-0056 お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら


高価買取いたします。全国から無料査定受付中です。
油彩、日本画、版画、ガレ、ドーム、マイセンなど、

美術品をジャンルを問わず買取査定いたします。

 

お手持ちの美術品のご売却をお考えの方は以下のフォームをご利用ください。

買取査定フォーム 絵画買取査定フォーム

ギャラリーリッチ 店舗作品は弊社店舗のギャラリーにてご覧いただけます。
お気軽にご来店ください。







絵画買取・美術品査定・販売・委託・オークション代行などのご相談もお気軽にお問い合わせください。
全国から無料査定受付中です。お気軽に!
油彩、日本画、リトグラフ、銅版画、シルクスクリーン、ガレ、ドーム、マイセンなど、
絵画・美術品のジャンルを問わず買取査定いたします。


営業時間:月〜金 10:00〜18:00

ギャラリー案内
アクセスマップ

画廊 ギャラリーリッチ(大阪・淀屋橋)では、絵画買取、美術品の査定、販売、時価評価、オークション出品代行などをしております。

株式会社 キャン(ギャラリーリッチ) 〒541-0046 大阪市中央区平野町3-2-7 泰和ビル1F
TEL:06-6227-0056 FAX:06-6227-0764  E-mail:info@gallery-ritchie.com/URL:http://www.gallery-ritchie.com
◆営業時間 平日 am 10:00〜pm 18:00
copyright (C) 2004 gallery Ritchie. All right reserved.  
ギャラリーリッチ TEL:06-9227-0056 お気軽にお問い合わせください TEL 06-6227-0056