絵画買取、絵画査定、絵画販売、オークション出品代行などをしております。美術品をご売却のお客様も、ご購入のお客様もお気軽にお問い合わせください。 私たちは、大阪・淀屋橋にある画廊 ギャラリーリッチです。

絵画買取ギャラリーリッチ ギャラリーリッチギャラリーリッチ
HOME日本人作家>西洋画家

松田正平の作品、略歴を紹介しております。
画廊、ギャラリーリッチ(大阪)では、松田正平の油彩・デッサンなどの買取もしておりますので、
お気軽にお問い合わせください。


松田正平(1913〜2004)


作家略歴紹介

大正2年(1913)

1月16日、島根県鹿足郡青原村(現日原町)に久保田金平、キクの第三子二男として生まれる。

大正10(1921)

山口県厚狭郡宇部村(現宇部市)の松田家の養子となる。

昭和2(1927) 14歳。油彩画道具一式を購入し、油絵を描き始める。
昭和5(1930)

宇部中学校を卒業。東京美術学校を受験するが失敗。川端画学校に通いデッサンを学ぶ。

昭和7(1932)

東京美術学校(現東京藝術大学)西洋画科に入学。藤島武二教室に学ぶ。

昭和10(1935)

帝展第二部会に<婦人像>が初入選。

昭和11(1936)

文展鑑査展(新文展第1回展)に<休憩>が入選。

昭和12(1937)

東京美術学校油画科を卒業。五年間の計画でフランスに留学。パリのアカデミー・コロラッシュに通う。

昭和13(1938) 秋、ベルネーム・ジュヌの「在パリ日本人画家展」に出品。
昭和14(1939) 第二次大戦始まる。
在留邦人の帰国勧告によりイギリス、アメリカを経由して帰国。
昭和15(1940)

宇部市の緑屋百貨店で「滞欧作展」開催。

昭和16(1941)

国画会第16回展(以後、国展)に<ストーヴ><地図>が初入選。
以後毎年出品。

昭和17(1942) 29歳。山口師範学校(現山口大学教育学部)美術教師となる。
第17回国展に<集団アトリエ><枯霞草><或るゑかき>を出品、国画奨学賞を受賞。
昭和18(1943)

山口師範学校を辞職し上京。
パリで知り合った吉川精子と結婚。横浜市に新居を構える。
第18回国展に<窓><家>を出品。国画会会友に推挙。

昭和26(1951) 第25回国展に<内海風景><祝島風景>を出品。国画会会員に推挙。
実母久保田キク死去。
この年、東京銀座・フォルム画廊で初めての個展を開催。同画廊での個展は、以後、定例化する。
昭和27(1952) 家族を伴い上京。大田区から、年内に世田谷区玉川用賀に転居。
昭和30(1955) 昭和44年までNHKフランス語講座等(ラジオ)のテキスト表紙絵を担当。
昭和32(1957) 宇部市・明幸堂画廊で郷里で初めての個展を開催。
同画廊での個展は、以後、昭和55年頃までほぼ定例化する。
昭和33(「1958) 第2回国際具象派展に<海浜><綾取り>を出品。
以後、昭和37年の第4回展まで出品。
昭和47(1972) 日本洋画商協同組合72年展に<少女>を出品。以後、定例化する。
昭和53(1977) 銀座・フォルム画廊と現代画廊で個展を同時開催。
以後、定期的な個展では油彩画はフォルム画廊、素描は現代画廊で発表することが定例化する。
昭和57(1982) 直野進の同道で四十数年ぶりにパリを再訪。
宇部市・清画廊で「開廊二周年記念ー松田正平・宮崎進展」。
昭和58(1983) 「松田正平画集」がフォルム画廊から刊行される。
銀座・松屋で「松田正平画集出版記念展」。
昭和59(1984) 新潮文芸振興会から第16回日本芸術大賞が贈られる。
現代画廊で日本芸術大賞受賞記念個展。宇部市・菊川画廊などを巡回。
フォルム画廊で日本芸術大賞受賞記念個展。
昭和60(1985) 日本テレビで「人生の中の美しさー松田正平」が放映される。
宇部市文化会館で「第16回日本芸術大賞受賞記念ー松田正平展」が開催。
横浜そごうで「香月泰男・松田正平二人展」が開催。
昭和61(1986) 山形市・いながわや画廊で「美の世界ー松田正平展」(フォルム画廊企画)。
昭和61年度宇部市芸術文化特別功労賞を受賞。
昭和62(1987) 山口県立美術館で「松田正平展」が開催される。
NHK「風の吹くまま〜松田正平の世界〜」が放映される。
昭和63(1988) 岡山県立美術館の「瀬戸内風景ー近代画家の日」展に出品。
平成元(1989) 宮城県美術館の「洲之内コレクション展ー気まぐれ美術館」に出品。
平成3(1991) 山口県立美術館の「戦後洋画と福島繁太郎ー昭和美術の一側面」展に出品。
平成5(1993) 80歳。平成5年度山口県選奨(芸術文化功労)を受賞。
平成6(1994) 愛媛県立美術館の「日本近代絵画の一展開ー具象表現を求めて」展に出品。
平成9((1997) 東京・目黒区美術館の「気まぐれ美術館ー洲之内徹と日本の近代美術」展に出品。
兵庫県立近代美術館、成羽町美術館、愛媛県立美術館など巡回。
平成12(2000) NHK「本物の油彩が描きたい〜洋画家・松田正平」が放映される。
平成12年度地域文化功労者文部大臣表彰を受ける。
平成14(2002) 89歳。平成14年度文化庁長官表彰を受ける。
平成16(2004) 91歳。宇部市文化会館にて「松田正平展」開催。
5月没。

『裸婦』
油彩
SM
SOLD
『花』
短冊に水彩
SOLD

『桔梗』
短冊に水彩
SOLD

『花』
デッサン(紙に鉛筆)

SOLD


『薔薇』
水彩

SOLD

**copy** ページトップへ
   

ご利用案内
ほしいものが見つかった場合

まずは、コンディションや在庫の確認のために、お電話かメールをください。

TEL 06-6227-0056 お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら


高価買取いたします。全国から無料査定受付中です。
油彩、日本画、版画、ガレ、ドーム、マイセンなど、

美術品をジャンルを問わず買取査定いたします。

 

お手持ちの美術品のご売却をお考えの方は以下のフォームをご利用ください。

買取査定フォーム 絵画買取査定フォーム

ギャラリーリッチ 店舗作品は弊社店舗のギャラリーにてご覧いただけます。
お気軽にご来店ください。







絵画買取・美術品査定・販売・委託・オークション代行などのご相談もお気軽にお問い合わせください。
全国から無料査定受付中です。お気軽に!
油彩、日本画、リトグラフ、銅版画、シルクスクリーン、ガレ、ドーム、マイセンなど、
絵画・美術品のジャンルを問わず買取査定いたします。


営業時間:月〜金 10:00〜18:00

ギャラリー案内
アクセスマップ

画廊 ギャラリーリッチ(大阪・淀屋橋)では、絵画買取、美術品の査定、販売、時価評価、オークション出品代行などをしております。

株式会社 キャン(ギャラリーリッチ) 〒541-0046 大阪市中央区平野町3-2-7 泰和ビル1F
TEL:06-6227-0056 FAX:06-6227-0764  E-mail:info@gallery-ritchie.com/URL:http://www.gallery-ritchie.com
◆営業時間 平日 am 10:00〜pm 18:00
copyright (C) 2004 gallery Ritchie. All right reserved.  
ギャラリーリッチ TEL:06-9227-0056 お気軽にお問い合わせください TEL 06-6227-0056