画廊 ギャラリーリッチ(大阪)では、ピカソ、ダリ、ミロ、ルノワール・ユトリロをはじめ海外の巨匠の作品も多数取り揃えております。
ギャラリーリッチ ギャラリーリッチギャラリーリッチ
HOME外国人作家>海外の巨匠

海外の巨匠

ルオールノワールローランサンの作品、略歴を紹介しております。画廊、ギャラリーリッチ(大阪)では、各作家の絵画を販売しておりますので、お気軽にお問い合わせください。また、現在作品が紹介されていない作家もお問い合わせいただければ、お取り寄せ可能か判断し、ご連絡いたします。

ヴラマンクシャガールダリデュフィーデルボーテレスコビッチパスキン
ピカソブラックミロユトリロルオールノワールローランサンマチスベン・ニコルソン
日本人作家外国人作家




ルオー(1871〜1958)



ルオー『神よ、我を憐れみたまえ、御身の大いなる慈悲によりて』



ルオー『高慢と無信仰のこの暗き時代に、地の果てより聖母は見守る』

作家略歴紹介
本名:ジョルジュ・ルオー

1871年 5月27日、パリ・コミューンの崩壊前日、砲撃の中生まれる。父アレクサンドルは家具職人。
1885年 父の勧めでステンドグラス職人のもとに徒弟奉公に出る。
古いガラスの修復に従事しつつ、夜は装飾美術学校で素描を学ぶ。(〜90年)
1890年 画家になる決心をし、国立美術学校に入学。
エリー・ドローネの教室に入る。
1892年 ドローネの後任にギュスターヴ・モローが就任。
キリスト教主題の作品をレンブラント風に描く。
1894年 「博士たちの間の幼きイエス」がシュナヴァ−ル賞受賞。
1895年 ローマ賞に再度応募するが落選し、師モローの勧めに従い美術学校を退学。
1898年 モロー死去。
1903年 パリにモロー美術館が開館し、モローの遺言により初代館長に任命。この頃から道化師や娼婦を描き始める。
1904年 サロン・ドートンヌに作品を出品。
観衆は一連の「黒い絵」を嘲笑。
1908年 「法廷」の連作、貧しい農夫、労働者の絵を描く。人間の内面にまで踏み込んだ表現主義的な描写を試みる。
1913年 ルオーの陶器に興味を抱いた画商ヴォラ−ルが、今後の全作品を購入するよう申し出る。
1917年 画商ヴォラ−ルと専属契約を結ぶ。
『ミセレ−レ』、『悪の華』などの版画集を計画。
1918年 油彩画に専念。「キリストの受難」等宗教的主題が多くなり、色彩は鮮やかに、マティエールは豊かさを増し、表現はさらに凝縮されて重々しくなる。
1924年 ドリュエ画廊で大回顧展開催。
1929年 日本人実業家の福島繁太郎と最初に出会う。
1930年 版画集『流れる星のサーカス』、『受難』を制作。30年代は道化師、裁判官、聖書風景、キリスト像など大型の油彩を輝く透明なマティエールで描く。
1937年 パリ市プティ・パレ美術館で回顧展開催。
1941年 アメリカ各地で巡回展。以後青を基調とする厚塗りで芳酵なマティエールの小型の作品を描く。
1951年 黄色味を帯びたキリスト教的風景画が表れ、平和で神秘的な情景が多数描かれる。
1955年 ローマ法皇ピウス・よりグレゴリオ大勲章を授与される。
1958年 2月13日逝去。享年86歳
2月17日、サン・ジェルマン・デ・プレ教会で国葬。

作品紹介(版画集『ミセレーレ』より)

上段:ルオー『死に至るまで、そして十字架の上の死に至るまで従順なる』
1926年/Aq+Dp/58.0cm×42.0cm
下段:ルオー『高慢と無信仰のこの暗き時代に、地の果てより聖母は見守る』
1927年/Aq+Dp/58.5cm×43.3cm


**copy** ページトップへ


ルノワール(1841〜1919)

作家略歴紹介
本名:ピエール・オーギュスト・ルノワール

1841年 フランス中西部の町、リモージュで生まれる。
1844年 一家でパリへ引越し。13歳で磁器の絵付け職人見習になる。
1861年 シャルル・グレールの門下生になる。
( 同じ 門下生に、モネ、シスレーなどがいた。)
1862年 国立美術学校入学。
1864年 サロンに入選。
1890年 アリーヌ・シャリゴと結婚。
1900年 レジオン・ドヌール勲章を受章。
1919年 逝去。享年78歳

**copy** ページトップへ


ローランサン(1883〜1956)



ローランサン『プリンセスたち』

ローランサン『リンダ』

作品紹介
上段:
ローランサン『プリンセスたち』
????年/アクアチント
52.0cm×51.0cm

下段:
ローランサン『リンダ』 SOLD
1955年/リトグラフ
38.5cm×32.0cm

作家略歴紹介
本名:マリー・ローランサン

1883年 パリで生まれる。
1893年 パリのリセ・ラマルティーヌに入学。
1902年 女子師範学校の準備を止め、製陶所で磁器の絵付けの講習に通う。
1903年 画商アンリ・ピエール・ロシェと出会う。
1904年 リセ・ラマルティーヌ卒業。画塾アカデミー・アンベールに入り、ジョルジュ・ブラックらと出会う。
1906年 ブラックの紹介でパリの「洗濯船」の常連となりピカソやマックス・ヤコブらと出会う。
1907年 ピカソの紹介で詩人ギョーム・アポリネールと恋に落ちる。また、初のサロン出展を果たす。
1908年 「狩りをするディアナ」製作。
1909年 「アポリネールとその友人達?」を発表。
1910年 「乙女たち」を描く。
1911年 ニコル・グルーと出会い、生涯の親友に。
1912年 パリのバルバザンジュ画廊において展覧会。
アポリネールと訣別。
「家具付きの貸家」製作。
1913年 母ポーリーヌ死去。
ドイツ人画家、オットー・フォン・ヴェッチェンと出会う。「読書する女」「アンドレ・グルー夫人ニコル」製作。
1914年 ヴェッチェンと結婚し、スペインへ亡命。
1916年 バルセロナへ転居。アポリネールが戦争で負傷。
1917年 ピカビアの主催する雑誌「391」に挿絵を提供
1918年 アポリネール死去
1920年 デュッセルドルフへ転居
1921年 パリへ転居。ロザンベール画廊での個展が成功。
1922年 ヴェッチェンと離婚
1923年 肖像画を描き始める。
ジャンコクトー台本の「牡鹿」舞台装置と衣装を担当。
1925年 シュザンヌ・モローと同棲。
1932年 「パリ16区のアトリエ」にて教鞭をとる。
1939年 「園遊会」発行
1942年 「夜の手帖」発行
1944年 マルセル・ジュアンドー著「小動物物語集」にエッチング8点を掲載
1949年 ポール・モイリアン書店にて「友人達の肖像展」を開催
1951年 「セーヌ川の顔」発行
1954年 シュザンヌ・モローを養女に。
1956年 心臓発作で逝去。
**copy** ページトップへ


ご利用案内
ほしいものが見つかった場合

まずは、コンディションや在庫の確認のために、お電話かメールをください。

TEL 06-6227-0056 お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

お手持ちの作品のご売却をお考えの方は以下のフォームをご利用ください。
絵画・版画買取査定フォーム 絵画・版画買取査定フォーム

ギャラリーリッチ 店舗作品は弊社店舗のギャラリーにてご覧いただけます。
お気軽にご来店ください。


営業時間:月〜金 10:00〜18:00

ギャラリー案内
アクセスマップ

画廊 ギャラリーリッチ(大阪・淀屋橋)は、絵画の高価買取もしております。
株式会社 キャン(ギャラリーリッチ) 〒541 大阪市中央区平野町3-2-7-0046 泰和ビル
TEL:06-6227-0056 FAX:06-6227-0764  E-mail:info@gallery-ritchie.com/URL:http://www.gallery-ritchie.com
◆営業時間 平日 am 10:00〜pm 18:00
copyright (C) 2004 gallery Ritchie. All right reserved.  
ギャラリーリッチ TEL:06-9227-0056 お気軽にお問い合わせください TEL 06-6227-0056